痛みは毛が濃いほど感じやすい

脱毛するとき、ばちんと輪ゴムではじかれたような痛みを感じることがあります。

ひとによっては「痛いほうが抜ける感じがする」「痛かったときのほうが、効果があったように思う」というひともいます。たしかに、痛いということは強い光で照射しているということですので、毛にしっかり浸透して、毛根を攻撃できている感じがしますよね。

関係ない

でも、痛くなかったからといって、効果がないというわけではないのです。痛みは「濃い毛」ほど感じやすいだけで、同じレベルで照射していても濃い毛と産毛の感じ方は全然違うんですよ。

痛みの度合いで「効いてる」「効いてない」を心配する必要は一切ないのです。ですので、痛すぎる場合は無理に我慢せずに、照射レベルを低くしてもらいましょう。

どのサロン、クリニックでも1〜3段階くらいは変化できます。

スタッフ側から「痛くないですか?」と聞いてくれることも多いので、正直に言って自分の肌に合ったレベルで照射してもらうようにしましょう。

トップページへ