VIOはまとめて施術しよう

Iラインだけ施術するひとはあまりいないでしょう。

Iラインを施術するときはVラインやOラインもまとめて施術すると、デリケートゾーンがきれいになります。毛の残し方は相談できますので、サロンスタッフに聞いてみましょう。

多くのひとがIライン、Oラインはきれいに脱毛して、Vラインの一部を残します。

まったく毛がないと「子供みたい」とか「毛がない!どうしたの!?」とか言われるので、Vラインの上を台形(スクエア型)に残したり逆三角形に残すひとがほとんどです。

もちろんすべての毛を処理してしまうひともいます。
あなたの理想の形を考えて脱毛していきましょう。

ひざ上脱毛もしてしまおう

ひざ上、つまりふとももの毛はあまり濃くないひとも多いでしょう。

でもVIOラインを脱毛すると、ふとももの毛が目立ってしまいます。

ひざ下も一緒の方がお得

Vラインはきれいなのにふとももは毛が生えてる、肌の色が違って見えるというケースもあります。

産毛であってもまったく毛のない部分と比べるとやはり目立ってしまうので、VIOラインを施術するときはひざ上脱毛も検討してみましょう。

ひざ上だけするとひざやひざ下が気になってしまいますので
下半身まるごと脱毛がおすすめです。

トップページへ